グリーン皮膚科クリニック
HOME 最新情報 クリニック紹介 一般皮膚科 美容皮膚科 料金表 アクセス Q&A
Q&A

Q. 永久脱毛の定義をおしえてください。
A. 米国電気脱毛協会による 永久脱毛の認識は 「最終脱毛をしてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛である。」とあります。
年齢差、個人差があるため永久脱毛と言い切ることはできませんが、当院使用の脱毛レーザー機は永久減毛装置としてFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けた製品です。FDAによると「永久減毛」とは「一定の脱毛治療を行った後に再発毛する本数が長期間において減少、すなわち脱毛治療によって減毛された状態が長期間に渡って維持されていること」と定義づけられております。
従って、脱毛効果はほぼ永久と考えていただいてかまわないでしょう。
   
Q. レーザー脱毛は永久脱毛ですか?
A. 個人差はあるものの、1ヶ月半から2ヶ月に1回のペースで1年程治療した方のほとんどが、1年以上の発毛が抑制されていることからほぼ、永久脱毛と言えます。
但し、100%ではなく、数本の毛が残ることがあります。
   
Q. レーザー脱毛は痛いですか?
A. 医療レーザー脱毛の場合、痛みは個人差がありますが輪ゴムを弾いた程度の刺激です。
濃くて太い毛は多少の刺激はあります。
骨に近い部位 例えばスネは痛みが強くなる傾向があります。
麻酔テープも用意しておりますのでお気軽にスタッフにお尋ねください。
   
Q. 男性の脱毛は可能ですか?
A. 可能です。
アゴヒゲのカミソリ負けで悩んでいらっしゃる方が多いかと思います。
医療レーザー脱毛後は毛穴も引き締まりますので綺麗な肌になります。ヒゲ以外でも胸毛の脱毛も可能です。脱毛後は数日腫れます。
   
Q. エステのIPL脱毛、光脱毛との違いを教えて下さい。
A. まずエステでの脱毛行為は医師法違反です。 エステ用の機械の多くは海外製品であり、出力はヤケドをしないよう調節されています。いくらか細くはなりますが、細い毛はレーザーでも光でも難しいため、最初から医療機関でのレーザー脱毛をおすすめします。
   
Q. シミ・あざの治療は保険が効きますか?
A.

まず診察にいらっしゃってください。シミではないものもありますし、悪性腫瘍のこともあります。保険の効くものも、効かないものもあります。
保険が効かない=高い治療と思われがちですが、保険が効いても意外と高い治療もあります。当院での自由診療は保険診療との差をなるべく抑えるように価格設定をさせていただいております。

   
Q. シミを取るのに、おいくらぐらいかかりますか?
A. 日光老化でおこる老人性の平らなシミは レーザー治療をする場合の目安ですが1個10,800円〜です。
保険の効くアザ(扁平母斑・外傷性刺青・異所性蒙古斑・太田母斑)の治療代金が3割負担ですので、それほど差のない料金設定をさせていただきました。
   
Q. 治療代以外にかかる費用は何ですか?
A. テープ代、ガーゼ代は普通の手術のときと同じように薬局で購入していただきます。
テープ・ガーゼ・診察料(初診・再診)・軟膏代は併せて+1,000円から2,000円程度とお考え下さい。
   
Q. ウイルス性のイボと診断されました。どのように治療しておりますか?
A. 何回も液体窒素を吹き付けるのは痛いため、当院では液体窒素療法以外の治療としてはモノクロロ酢酸による腐食、ビタミンD3軟膏の処方、イボハギ法をとりいれております。一度御相談下さい。イボの場合は削ったり、凍らせる治療が主ですが、多数あるばあい、麻酔テープを先に貼付し、痛みの少ない治療も可能です。
   
Q. ホクロのレーザー治療について教えてください。
A. レーザー治療には炭酸ガスレーザーとQスイッチルビレーザーを使用します。切り取る手術とは異なり、顕微鏡の検査に提出する必要のないものだけにおこないます。治り方をみて頂くために初回治療は1個にさせていただいております。

 

ページのトップに戻る

 

オンラインショップで購入できます ジー・コスメ グリーン皮膚科オリジナルコスメ
アトピー性皮膚炎
レーザー治療
スキンスクライバー
しわの治療
Q&A

診療時間
受付は診療時間内で診察できる人数になり次第終了いたします。おおよそ1時間前です。
【月・火・木・金曜日】
9:00〜12:30/15:00〜18:00
【土曜日】
9:00〜12:30(受付人数100人で終了)
【水曜日】
予約・往診(一般診療は休診です。一部の手術・美容施術は水曜日以外も可能です。)
グリーン皮膚科クリニック
帯広市西23条南2丁目16-41
TEL:0155-61-1212

個人情報の取り組み